読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咳が止まらない

中途半端なおたくのOLのブログ

大学の図書館

大学は居場所があるようなないような感じでそんなに好きじゃなかったけど、大学の図書館は好きだった。
居場所がなかったから好きだったのかな。
常日頃仲間と一緒にいる人も、いない人も。
静かな図書館では一人でいる人が圧倒的に多い。

 

勉強してる人、本を読む人、PCでレポートをうつ人、それぞれだけど、みんなひっそりとした空気を壊さない、心地いい一人の空間。そんな感じだった。
みんなも、唯一息が抜けるところだったのかもしれない。

 

 

一階の自習スペースは、午後は日が射して眩しく、眩しい時間になると司書さんがブラインドを下ろす。
その音で、ああもう3時か、と気づく。

 

外の葉っぱの影がノートにうつり、ドイツ語の文字が滲んで、かさなる。
一向に予習は進まない。諦めてツイッターのタイムラインをひっぱる。みんな暇そうだ。

 

 

あと地下の書庫も好きだった。

階段で地下に降りると空気がひんやりし始めて、喧騒も遠のいていく。

金属製の無機質な移動式本棚には天井まで本が詰まっている。降りて右に進んだ辺り、芸術学や美術史学の書庫を何往復もしながら本を選ぶ。

 

レポート用の文献、卒論用の建築様式の本、などなど。背表紙を見ては手に取り中身をパラパラめくって、読みきる自信がないな、と本棚に戻す本も多かった。甘ったれだ。

片っぱしから読めばよかったんだ。今となっては国会図書館に行かなきゃ読めない本だってたくさんあったかもしれない。

 

ああ、学べる環境に身を置きながら積極的に学ばなかったことを悔やむなんて、ばかのやることだし、紛れもなくわたしはばかだ。

 

でもいつだって、恵まれた環境にいるときにはそれに気づかない。

いつもそうだ。いつも懐古厨。 

 

まどろむような膨大な時間を埋めるように図書館にいたけれど、思い返すとどこを切っても愛おしい空間だった。

有名私大の図書館で勉強している私、というくだらないプライドも手伝ったかもしれない。

 

もどりたいなぁ。もどれないなぁ。

過ぎ行くものはどうしてこんなに美化されるんだろう。

リリイベ

なんと。

なんと。

なんと。

 

リリイベがあったよ~~~!!!

 

そんなテンションじゃねえだろってぐらい時間経っちゃったけど、テンション高めで書く。

 

3年ぶりの日本でのリリース。信じられる?3年て???大学2年生だったよ私?

出す出す詐欺もいいとこだったCD、今度こそ今度こそと期待させられ続け、新曲がライブで披露されてから1年半以上?あれ?そんな経ってないかな?
とかもうわけわかんなくなるぐらい長い時を経て、ついに。出ました。CD。

 

他グループのえげつない特典会におびえながら発表を待ったけど、内容は、まあまあえげつなかった。


人気すぎるアイドルみたいに、

参加自体抽選!

CD1箱買って握手券5枚!メンバーランダム!

え?何それ貴族の遊び?

 

みたいなのに比べたら全然、3枚でメンバー全員からのサイン会だし、1枚で全員と握手できるし、ぜんぜん、ぜんぜん良いんだけどね!

 

 

良いんだけど、CD2枚の特典が、メンバーと2ショットで、目にした瞬間、

 

はああ~~ついに来たかよまじかよやべーよもう何枚買おう?!?!?!

 

ってテンションすっ飛んだけど、次に目にしたのが、

 

 

「メンバーはランダムです」

 

 

の文字。

 

あ~~まじでえ~~ランダムとかやっちゃう~~??まあ指定にしたら偏るよな~~人気の差が浮き彫りになってつらいよな~~そっかそっか~~券の交換とかしなきゃいけないやつか〜

 

って、まだここでは事前抽選かなんかで、交換できると思ってたんだけど。

 

 

 

 

まさかの交換一切ムリシステムだった~~~~~wwwwwwwww

 

 

 

メンバーが待ち構えてる直前で5枚のカードの中から1枚ひいて、出たメンバーとその場でハイチーズ、っていう。


推しが当たらなくて落ち込む暇もなく、ハイチーズ。
推しが当たれば半狂乱で、ハイチーズ。

 


箱推しのファンなんてそうそういないから、もう阿鼻叫喚リリイベ。

 

3連続で推しが当たって喜ぶ人もいれば、何十回引いても当たらない、そんなことある?そんなに日頃の行い悪い?っていう感じで、ガン萎えで泣き出す人もいればで、ほんとーーーに何と戦ってるのかわからなかったけど、とりあえず心臓には確実に悪かったし、財布も瞬間的に薄くなった。

 


つらいよ。オタクってつらい。
私は可もなく不可もなくで推しとは2回撮れた。何回引いたかは伏せる。

振り返ると推し以外のメンバーともたくさん喋ったりして、総合的には楽しかったけど、
たぶんあれで3年は寿命縮んだ。まあ推しと写メ取れたから3年ぐらいくれてやるか。

 

 

事務所と販売元のもくろみどおりなのか、オタクが案外頑張れたと思うべきかわからないけど、飛ぶようにCDは売れて用意分は完売が相次いだらしいから、リリイベは成功なんでしょう。

 

 

これが次のリリースにつながるかは未知数。

いまのところ情報なし。カナシイ。

 

 

部屋に持ち帰られたウン十枚のCDを前に、後悔が一切出てこないのはさすがにやばいなぁと思いつつ、次は倍買えるかなあとか考えてるのでまだまだやばそうです。

 

 

言い訳

世間はゴールデンウィークらしい。ライブも現場もないから特に休む理由がなく、3連休が2回だったけど、特に予定らしい予定もなく、まあ友達とご飯食べたり少しは外に出た。てかだいたいの日は外に出てた。いいじゃん。上出来だわ私のGW。

何に対していいのか、何に対して上出来なのかわからないなあ。
母と散歩した、5月にしては暑すぎた日差しを浴びた、地元の道と神社が、眩しい。

母は病気と闘っているんだけど、「病気と闘っている」という表現がまったく腑に落ちないほど普通で、いつも通りで、悲嘆にくれることもなく、家事も全部やろうとしちゃっている。
もちろん今までの日常は消えた。それは消えた。消えたけど、家族が闘病、という2文字をそれぞれで飲み込んで、もういちど「日常」を構築し直した。そんな感じ。

別に時間を惜しむとか、そんなつもりもないけど、私は前よりもなるべく家に居たいと思っている。

カウンセリング(セルフ)

朝目が覚めて、なぜかわからないけど沈んだ気分になってることがある。
今がまさにそれ。ぱっと思いつく理由がないのになんだか寂しいし悲しい。
二度寝できる感じでもないので分析してみる。

仕事?
頑張れよ、頑張るよ、っていうだけで特にすごく気にかかっていることはない気がする。

人間関係?
今日の夜にあったはずの合コンがなくなった、けどそんなことはわりとどうでもいい。
拗らせる人間関係はあんまりない。

恋愛?
彼氏もすきなひともいねーよ。

趣味?
今月のファンミーティングの座席がちょっとトラブってものすごく悪くなったんだけど、言ってもキャパ400とかでいやいや近いしって感じだし、最初からあまり期待してなかったし、そんなんでこんなには落ち込まない。

家族?
母はちょっと具合が悪いけど家にはいるし、家族仲にはなんの問題もない。
毎日笑って踊ってるような家族だし。
私が家のことちゃんとできなくて母がやっちゃうからそこだけ気がかりかなぁ。

書いてて思い出したけど、
夢をみた気がする。
信用してた人?友達みたいな?に裏切られた感じの。それかな。それを引きずってるのかな。

もうネタがない。
なんでだ。
なんでこんな気分なんだろ。

土曜日の朝なんていちばんハッピーなはずなのに

アイドル沼から抜けたい

私は5年前からある韓流アイドルのグループの中のひとりが好きで、今どうやってそこの沼から這い出るか悩んでいる。

別に這い出なくてもいいじゃん?とも思うけど、いかんせん日本でやるファンミーティングとかライブのチケットが高いし、もうずっとここ3年ぐらい首の皮一枚で存続してる感があるぐらい売れていないし、1番悲しいのが、未来が見えない。
売れていないというかCDが出せない。
3年前ぐらいに契約を切られてからレコード会社がつかないんだよね。

星の数ほどグループが出来ては解散を繰り返す韓流アイドルのなかで、往生際が悪いのか、やめられない理由があるのか、なぜここまで存続できているのかはわからないけど、彼らは不定期に日本に来てはイベントを開いている。

かつてはオリコンで週間6位あたりにいて、それなりに人気もあったけど、ジャ●ーズやら三代目なんたらが群雄割拠する日本では、ほかのボーイズグループ、しかも国外の、が活路を見出すのは難しかったみたい。もちろん本国では無名に等しい。

ファンもどんどん減り、たぶん今では全国で1,000人いるかいないかだと思う。東京でしかイベントが開けないので集まるのは毎回400人程度。
ファン同士もなんとなく顔見知りになり、いざこざもあったりなかったり、アイドルたちも慣れきって、イベントはいつも停滞した空気とうっすらとした諦念と少しの夢とときめきが渦巻く、居心地の良いような悪いような空間になっている。

多分このままずるずると続き、兵役をむかえて解散、というのが1番リアルな未来で、それはステージの上でも下でもみんな心の奥底ではわかってて、でもその未来は見ないようにして、いつもなんの根拠もない約束だけを交わして韓国に帰っていく彼らを、これが最後かもしれないと思いながら見送る。

その繰り返しに少し疲れてしまったので、そろそろ潮時かなと思うのだけど、かつて彼らが放っていて私が夢中になった、キラキラオーラの残滓をもう一度だけでいいから見たいと思ってしまい、仕方なくイベントに足を運ぶ現状です。

1年後、どうなってるかなあ。
奇跡は起きないだろう。

歌は上手いんだけどなあ。ものすごく。
もったいないな。

オーマイゴッド

今から書きたいのは、ものすごく好きなものがある人(ヲタク)と、ヲタクになるほど好きなものは無いかつ、ヲタクの考えを理解できない人の間に広がる、途方もない溝についての私なりの考察というか叫びです。もう語り尽くされた感はあるけど、まあいいです。

 
私は、清々しく、健全に、なんの邪念もなく、ある1人のボーカリストのすべてが好きだし、彼の作る世界の中に住んでいたいと思っている。
1公演でも多く観たいし、見逃したくないし、だから他の色々なものを犠牲にしても、土日を駆使して国内ならどこでも行くスタンスで追っかけている。
いわゆる思春期の間、彼の声と歌にずっと支えられ続けていた。高校3年間はほとんど彼のバンドの曲しか聞かなかった。毎日聞いた。悲しくてもイライラしても嬉しくても、常に聞いていた。声を聞けば疲れは吹っ飛んだ。麻薬みたいだと思っていた。
 
そんな感じでだいすきなので、それを隠すこともなく人にも話すのだけれど、私が彼のファンだと知った人(特に男性)のベストオブ第一声が
 
「あ〜〜あーいうのがタイプなんだねーww」
 
である。
 
 
 
 
 
ハァ?
 
 
 
 
 
違います。
そもそもあーいうのってどんなんだよ、リアル世界であんなテイストの人いないし、いたらだいたい勘違い野郎だしイケてないよ。
 
 
そしてつきあった人に言われるベストオブ文句(私と、私の友達調べ)が
 
 
 
「俺とライブとどっちが大事なの」
 
 
 
 
ハァ?
 
 
 
 
どっちもだよ、ていうか横並びにすんなよ。比較対象にならないんだよ、お風呂とトイレどっちが大事?って聞かれたら困るだろ。
 
有名人のファンの方なら一度は経験あると思うこれ。まあもう既に本当に語り尽くされてるんだけど。
 
 
タイプとかじゃない、そんな下等な概念ではない。ファン的な「好き」と、恋愛の「好き」の間の差がない人たちに、どう説明したらいいのか。
 
 
酔っ払ったのもあって、いつしか「ああいうのがタイプなんだね」発言をした友達にその違いについて延々と説明したことがある。(うぜえ)
 
 
「この人は私の神なんだよ!宗教なんだよ!キリストなんだよ!神がタイプっておかしいよね?!そういうことなの!恋愛的な好きは違うの!私のタイプはなあ!塩顔で飄々としてるのに優しい人だよ!」
 
 
とかなんとか。うわあめんどくせえ。しかも確実に最後の情報いらねえ。
 
でも実際、本当に思う。ファンが追っかけてる対象はその人にとっては神みたいなもので、追っかけることがもうライフワーク、生活の一部もしくは半分もしくは全部になっている。だからリアルにお付き合いしている人と、神と、どっちが好き?と聞かれても比較対象になってないから、困る。いや、ど、どっちもなんだけど…。
 
ドルヲタやアニヲタやその他のヲタを理解できないと思っている方々、どうか、彼らは文字どおり「アイドル教」「アニメ教」の信徒なのだと思ってください。
 
理解できないのは宗教がちがうからです。異教徒なのです。ライブはミサであり、うちわやポスターはわかりやすい偶像崇拝、楽曲を聞くのはお祈りを唱えるみたいなもんです。
 
宗教だから、信仰しているものだから、どっちが大事?とか聞かれても困るのです。日本は無宗教の人が多いけど、例えばクリスチャンの人とつきあったとして、「俺と教会行くのとどっちが大事なの?」って聞かないでしょ。聞く奴は知らん。それと同じだと私は思っちゃうんだよね。気持ち悪い?やっぱ理解できない?わたしもだよ。自分でも気持ち悪いとは思ってるよ。
 
 
ある1人のボーカリストのファンであることはトイレとかお風呂とか食事とかと並んで私の中から外れることはないし、まあ年月が流れて彼も私も年をとって、今みたいには追っかけられなくなったとしても、歌は聞き続けるし写真も見返し続けると思う。
 
自分が好きでやってることを宗教に例えるのはおかしいけど、ファンと非ファンの違いを説明する方法としては私のなかで1番しっくりきているので、これからも「ああいうのがタイプねw」勢に対しては「あ、この人も異教徒だ」と思うようにします。
 
 
 

書くことについてちょっとまとめてみる

「猛烈に文章を書きたい!!」と思ったからブログを始めたわけなのですが、思い返してみれば今まではそんなことを思ったことがなかった。
書くことと私についてちょっとだけまとめてみる。

小学校1、2年生の時、月曜日の1、2時間目が作文の時間だった。土曜日と日曜日に起きた出来事を作文に書きましょう、ということなんだけれども、子どもにしてみれば2時間ぶっ通しで作文を書くのはわりと疲れる。
最初の頃はみんな飽きたり何を書いたらいいかわからなかったりしたが、だんだん友達と原稿用紙の枚数を競ったり、先生に褒めてもらいたがったりして、作文が書けるようになっていった気がする。

土日にお出かけしたり、友達と遊んだりしたのなら作文のネタには困らないんだけど、どこにも行かずひたすらお菓子を食べ続けていた土日の次の月曜日なんかは、「さすがにお菓子のことは書けない…でも書くしかない…」と子供心にも葛藤があった。でも、何を書いても先生はながーい感想を赤ペンで書いてくれた。
二条城に行ってそこで知ったことをすべて書き並べた作文がとても褒められて、嬉しかったのは今でも覚えてる。

多分、私の中での「書くこと」の土壌はその頃にできたのだと思う。

それから時が流れまくって高校生になり、受験生になった。
いろいろあって自己推薦入試(自己推薦というのは今でもわりと矛盾していると思う)を受けることにしたので、小論文を書く練習をたくさんした。
小論文と言っても文学部なので、かなり好き勝手に書ける。
入試では「愛されることと愛することとは何か」みたいな、高校生が語るには重すぎるというか、経験が足りなさすぎるというか、愛とかなんとかの前に彼氏もいたことないんですけどーー?!状態だった私には泡を吹くようなテーマだったけど、なんとか親子愛とか動物愛に話をすり替えてそれなりに満足いくものを書き上げて、なんとか合格した。

それから大学生活をへて、就職活動がはじまる。ここで出てくるのがESだった。ある程度フレームが決まってるとはいえ、文章で自分をアピールすることになる。
嫌々文章を書くことの苦痛さはたまったもんじゃないけど、ある程度コツがわかってきて、ESの通過率はわりとよかった。

そして就職して、10ヶ月ぐらい経ち、メール以外の文章をまっっっったく書かなくなった。学生時代は、作文にしろ小論文にしろESにしろ卒論にしろ、書かなきゃいけない状況があって書いていたのだけど、それが全くなくなった。

書くことを強制されなくなって、書きたくなったなんてアホみたいだけど、そういうことなのかもしれない。

昔、母に、文章を書く仕事、ライターとか記者とかが向いてるんじゃない?と言われたことがあって、そんなの冗談じゃない仕事になんてしたくないよ!
と思ったんだけど、今なら全然考える。もちろん簡単な仕事じゃないのはわかっているけど、選択肢から排除はしないかなあ。

書くことは、誰でも、いつでもできる。
自分を切り取って残しておける、そんな当たり前のことに、いま、気づいた。

ごった煮の、ライブレポもレビューも映画の感想もコラムも脳内ポエムもまぜた、自分語りのための空間。23さいの今考えたことを詰めた、恥ずかしい空間。
それを作っておこうと思った。

ブログは、TwitterやらFacebookやらインスタやらが横行跋扈している今、原点回帰も甚だしいけど、拗らせかけた大人になりかけの私には1番合ってそうな気がする。