読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咳が止まらない

中途半端なおたくのOLのブログ

凪ぎ

落ち着いている。ものすごく。

今ならおたくをあがって健全な「ファン」になれるんじゃないか、ってぐらい落ち着いている。

ぜんぜん書けてなかったけど、最後のエントリーから今までに数回渡韓して、おたく度・もう元に戻れない度はばっちり進行している。

今は次の個人活動が決まってるらしいという情報を耳にしているけど公式発表がまだという状態で、いろいろ算段立てなきゃいけないから早く発表して、って気持ちでいっぱいのはずなんだけど、なんか、発表されても渡韓するか迷うなあ。レベルに落ち着いている。
まあ結局行くんだろうけど、なんか…必死さが自分の中にない。いま。

SNSで繰り広げられる自慢大会も、普段は見て後悔するほど嫉妬したり勝手に病んだりすることもあるのに、いまは「ふーん」で終われる。どうしたんだ私。

 

こういう凪ぎはいつも突然訪れる。
会わないと相手に対する感情も記憶も薄れていく便利なのか哀しいのかわからない脳をしているので、現場と現場の間があくと緩やかにモチベーションは落ちて行く。
こういうあたりがほんと中途半端だなーと思うけど、落ちたからといって現場を干せるかというとそういうわけじゃなく、中途半端なうえに往生際が悪いというさいあくなタイプだ。

 

今日は凪いでいるくせに、一昨日はとつぜん不安になってダイソーにいつも手紙を書く時に使っているレターセットを買いに走った。
読んでるのか読んでないのかわからないし、てかたぶん読んでないけど、同じレターセットのほうが覚えてもらえるのでは…という涙ぐましいおたくの浅知恵で、いつも同じレターセットを使っている。
それがなくなりそうだったことを突然思い出して、ダイソーの商品だからいつ廃番になるかわからない不安に駆られて、もう買えなかったらどうしよう、といてもたってもいられなくなり、買いに行った。

無事に見つけて、とりあえず3セット買って帰ってきた。
12枚入りで、いつも2枚ずつ書くから、6回分×3で18回手紙が書けるね。
数字にするとまだまだ足りないな。もっと買ってこなきゃ。

あなたに手紙を書いて渡すためのレターセットがたくさんたくさんあったら、ずっと会える気がする。
だから、絶対に切らしたらだめなの。
読まなくてもいい。受け取ってくれたらいい。中身は、だいたいいっしょだから。
でも、最初は汚かったハングルも、だいぶうまく書けるようになった。翻訳機に通したままだった言葉も、少しは自然になったんじゃないかな。

なんて。

 

手紙を渡せるのは、あと何回なんだろう。

 

終わりの予感から逃げるために、レターセットを買い足す。
新品のレターセットが何個も机に積まれているのを見ると、すこし安心する。

一人芝居だ。ほんとにほんとに、疲れる。

 

書いているうちにまたおかしくなってきたけれど、いまはわりと精神衛生が良い、気がする。
あの人がSNSを更新した。よく過去の写真を消すくせがあるけど、今回は消していない。
写真を消されるたび、不安になる。

過去をけさないで。

自分できえていかないで。

 

今年はどうやって生きていこう。悩みは尽きない。