読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咳が止まらない

中途半端なおたくのOLのブログ

推しのすごいと思うところを語る

一部のおたくがSNSに書き綴る推しの対応の自慢話をほかのおたくが叩いたり、それが発端となって派閥が出来ていたりするのは良く見るが、それ以外であいつはオキニだとかオキラだとか、そういう話が殆どないのは推しの素晴らしいところだと思う。

 

傍から見ていて「あの子絶対お気に入りだよね」っていうのがほとんどわからない、というか、無いのだ。


もちろん全員に同じ対応というわけではない。おたくの年齢層も幅広いので、自分より年上の女性(現場にはもちろんおばさまもおばあさまもいる)と年下の女性に対する接し方は違うだろうし、顔なじみとそうでないファンへの接し方も違うけど、それは神対応とか塩対応とかではなく、あくまで人間というか、自然なコミュニケーションとしての対応の差でしかない。

そりゃ、通えば顔なじみにはなる。ごく一部は名前も覚えてもらっている。モブ→顔なじみ→名前がわかる、というファンのランクはあれど、そのランクの中で突出することはできないし、そういう対応なのだ。
推しのそういうところが大好きだし、アイドルにものすごく向いていると思っている。

 

みんな平等、だけどおたくはどうにかして自分は特別だと思いたいものだ。そして、特別になる方法は2つ。自分を上げること、他人を下げることだ。イッツソーシンプル。

 

そうやって繰り広げられる特別になりたい合戦は見事なまでの自家発電である。
本当は誰かに「あの子はオキニだ」と言われたいけど、推しの対応は変わらないのでじっとしていてもオキニ認定はされない。
そこでなんとか羨ましがられるように、推しが言ってくれたことや、ファンサしてくれた内容、その他もろもろを(時に脚色して)SNSに投稿する。
それをSNSトロール中に目ざとくみつけた他のおたくは、新規だの、お花畑だの、ブスだのなんだのと叩く。
そのやり合い、やられ合いの繰り返しだ。もっと、もっと私のほうが上だ、とお互いに火をつけあい、より双方はおたく活動を激化させる。
その争いの発展に推しはまったく介在していない。みんなに平等に接しているだけだ。

 

すげえ、といつも思う。
計算してるのかしてないのか、たぶんしてないんだろうけど、やっぱり天性のアイドルだと。
色恋みたいな営業はまったくしないのに、ガッツが自然につくし、離れない。お金も落とす。どんどん落とす。
ホストかなんかになってたらきっともっと稼げたんだろうなあと思うけど、ホストじゃなくてよかったとも思う。
破滅だ。そんなの。いくらあっても足りない。
いや、ホストだったら出会ってなかったか。それはそれで私はもっとまっとうな人生を送れた気もする。まあいいか。

 

わたしも井の中の蛙なので、気に入られたいし他とは違うファンでありたいと思いながらも、寸分の狂いもなくみんなに平等に接する推しの前にひれ伏すしかない。

せいぜい、名前を覚えているランク上位のファンに食い込めている、ということを確かめて満足することしかできない。
ただそこで消費するエネルギーでいっぱいいっぱいなので、ほかの元気なおたくみたいに叩き叩かれあうパワーはなく、いつも当たり障りのない投稿をして「雑魚ですよ」感を醸し出している。いや、感じゃなくて本当に雑魚かもしれない。


本当はどこにも何も投稿しなければいいんだろうけど、書いて「いつも現場には居ますよ」感を醸し出してしまうあたり、やっぱり雑魚だな。ていうか、俯瞰して眺めて理解者ぶってるやつが、一番タチ悪い気もする。 

自尊心と承認欲求とは、大人になっても引っ込んではくれない面倒なものだ。
それどころか、大人になればなるほど、絡みついてややこしくなっていく気がする。

 

推しの顔の造形はどこからみてもきれいで、きれいなものが好きなだけなのに、
なんでこんなにいろいろと拗らせたんだろうなあ。

そろそろ

時々、でもなくわりと頻繁に、何をしているんだろう、と空虚感に苛まれる。

年を追うごとに1年が短く感じられる。

私、1年前何してたんだろう?何も変わってない。

 

応援しているグループの最後のリリースから1年が経とうとしている。タイミングが合わないのか採算が取れないのかもう諦めているのかはわからないけど、1年経ってしまった。

最近は音楽活動じゃない方向に向いているメンバーもいる。それぞれがやりたいことをやってくれて活動してくれるだけでもう、いいんだけど、いいんだけど、

私はやっぱり音楽が好きで。歌が好きで。曲が好きで。それと同じぐらい推しの人自体も好きだから音楽やめても応援しなくなるわけではないけれど、やっぱり歌っててほしいと、思ってしまう。

 

なんだかどうなってほしいのか、自分でもわからない。きっと彼らもみんなわかってない気がする。自分たちがどうなって、どうやって生きていくのか。何になりたいのか。何になりたかったのか。それが見えないから、応援するのがしんどい。

なんでこうなっちゃったんだろうなぁ。

原因は一個明確にあるんだけど、それはもう過ぎたことだし、真実は彼らしか知らないから考えるのは意味がないのでやめる。

 

話を戻す。

1年前と何も変わってない、かもしれない、けど、たくさん話したしたくさん目に焼き付けた、写真も撮り溜まって、サインも何個も貰って、もちろん全部全部お金と引き換えだけど、それは全部、事実だ。わたしのiPhoneの中に、パソコンの中に、記憶の中に、ずっとあり続ける。それでいいんじゃないか。

うまく言えないけど。自分で慰めてるだけだけど。そもそもおたく活動なんて生産性がない。その場限りの熱量を消費して終了、の繰り返しだ。

 

あーあ。会いたいけど、同じぐらいしんどいんだよな。

 

 

 

 

暇です

暇だ。現場がないと休日に何をしたらいいかわからない。

暇すぎて行きたくもないご飯の約束を取り付けた。
目の前の存在にちょっと飽きながら、顔、ってどうしてこんなに即物的で絶対的なんだろう、とぼんやり考えながら、美味しいような美味しくないような量産型のイタリアンをつつくんだろうなということはわかりきっているのに、なぜかOKしてしまった。

相手の顔すらよく思い出せないので待ち合わせの時点でだいぶ苦痛だ。メッセンジャーのアイコンは基本的に自分の顔にしてほしい。だれだかわからなくなる。みんな1回や2回会っただけの人の顔を2週間後とかに思い出せるのだろうか。私は無理だ。1年付き合った人の顔ですらもう今はよく思い出せない。きっとあんまりよく見てなかったんだろうな。

 

今の私は心のどこを探しても、恋人がほしいなんて思っていないし、だったらなんでOKしたんだ、と自分でも思うけど、やっぱりなんていうか、保険というか、リハビリなんだろうな。情けなー。

現実世界の人にときめかなくなったら終わりっていうかもはや終わってるんだけど、少しでもそっちになびけたら、しんどいおたくから抜けられるんじゃないかーみたいな。抜けられないことなんて自分で一番わかってるのにねー!めんど!!めんどくさ!!

まあいっか。でもな。億劫すぎるな。死にそうだったらドタキャンしよう・・・

 

次の現場に接触が追加された。
あるかないかで聞かれればあるほうがマシ、ってレベルの一瞬の接触だけど、やっぱり目の前に立てるか立てないかでモチベは全然違うんだよなあ。
服どうしようとか。メイクどうしようとか。
そうやって悩んで買い物してるときが一番楽しいんだからそれをやらせてくれ。って感じ。
春先は気温が読めないのと新商品がどんどん出るので服が決めづらい…。次の休日は買い物にいこう。

 

あの人に会いに行って帰ってきてからずっと雨が降っていなかった。
晴れは時々しんどい。朝起きて雲ひとつなく晴れているとうっすら憂鬱になる。デスクの横の大きすぎる窓から見える青空は、会社でまた同じ1日を過ごす私をどこまでも脅迫してくる。毎朝空を見て、小さく諦めのため息をついて、パソコンの電源を入れる。

おたくをしてなかったら、何が楽しくて生きていたんだろう?

 

凪ぎ

落ち着いている。ものすごく。

今ならおたくをあがって健全な「ファン」になれるんじゃないか、ってぐらい落ち着いている。

ぜんぜん書けてなかったけど、最後のエントリーから今までに数回渡韓して、おたく度・もう元に戻れない度はばっちり進行している。

今は次の個人活動が決まってるらしいという情報を耳にしているけど公式発表がまだという状態で、いろいろ算段立てなきゃいけないから早く発表して、って気持ちでいっぱいのはずなんだけど、なんか、発表されても渡韓するか迷うなあ。レベルに落ち着いている。
まあ結局行くんだろうけど、なんか…必死さが自分の中にない。いま。

SNSで繰り広げられる自慢大会も、普段は見て後悔するほど嫉妬したり勝手に病んだりすることもあるのに、いまは「ふーん」で終われる。どうしたんだ私。

 

こういう凪ぎはいつも突然訪れる。
会わないと相手に対する感情も記憶も薄れていく便利なのか哀しいのかわからない脳をしているので、現場と現場の間があくと緩やかにモチベーションは落ちて行く。
こういうあたりがほんと中途半端だなーと思うけど、落ちたからといって現場を干せるかというとそういうわけじゃなく、中途半端なうえに往生際が悪いというさいあくなタイプだ。

 

今日は凪いでいるくせに、一昨日はとつぜん不安になってダイソーにいつも手紙を書く時に使っているレターセットを買いに走った。
読んでるのか読んでないのかわからないし、てかたぶん読んでないけど、同じレターセットのほうが覚えてもらえるのでは…という涙ぐましいおたくの浅知恵で、いつも同じレターセットを使っている。
それがなくなりそうだったことを突然思い出して、ダイソーの商品だからいつ廃番になるかわからない不安に駆られて、もう買えなかったらどうしよう、といてもたってもいられなくなり、買いに行った。

無事に見つけて、とりあえず3セット買って帰ってきた。
12枚入りで、いつも2枚ずつ書くから、6回分×3で18回手紙が書けるね。
数字にするとまだまだ足りないな。もっと買ってこなきゃ。

あなたに手紙を書いて渡すためのレターセットがたくさんたくさんあったら、ずっと会える気がする。
だから、絶対に切らしたらだめなの。
読まなくてもいい。受け取ってくれたらいい。中身は、だいたいいっしょだから。
でも、最初は汚かったハングルも、だいぶうまく書けるようになった。翻訳機に通したままだった言葉も、少しは自然になったんじゃないかな。

なんて。

 

手紙を渡せるのは、あと何回なんだろう。

 

終わりの予感から逃げるために、レターセットを買い足す。
新品のレターセットが何個も机に積まれているのを見ると、すこし安心する。

一人芝居だ。ほんとにほんとに、疲れる。

 

書いているうちにまたおかしくなってきたけれど、いまはわりと精神衛生が良い、気がする。
あの人がSNSを更新した。よく過去の写真を消すくせがあるけど、今回は消していない。
写真を消されるたび、不安になる。

過去をけさないで。

自分できえていかないで。

 

今年はどうやって生きていこう。悩みは尽きない。

10代の呪い

10代の頃に聴いてた音楽っていうのは、今聴いてるどんなに高度な音楽でもってしても超えることはできない。その当時音楽を聴いて受けた感動だったり衝撃だったりっていうのは、今どんなにいい音楽があっても、超えることは本当にむずかしい。

 

両親を除いて世界一尊敬している人、というか神様のことば。本当に、そう思う。

 

10代のころ。1人の声しか聴いていなかった。バンドも、ソロも。朝から晩まで。ぜんぶそれだった。染まっていた。

 

10代の終わりごろ。バンドにしか興味がなかったけど、あの人をテレビで見て、落ちた。アイドル現場はたのしかった。初めてのことばかりで。
かっこよくてしょうがない人を思いっきり「かっこいい」って言える、好意の一方通行の気持ちよさ。
かっこよくてしょうがない人に直接会えて、喋れたり握手したりできるもんだから、一気に溺れていった。


神様をすきなことは、イコール人生なので、やめたいとかやめようとか思ったことは一度もない。

でもアイドルは、さいきん苦しいことが多くて、濁った感情も増えてきて、いっそばっさりやめてしまおうと思うのに、やめられない。

なんでだろう。なんで執着するんだろう。


あと一つ、私が執着しているもの。
10代のころ、初めて付き合った人。別れて何年もたつ。
さすがにもう表情も声もしぐさもいろいろ忘れたし、好きの感情は心のどこを探してもみつからないけど、ふとした瞬間に思い出したり、夢を見たりする。

これも嫌だなあ、どうしてネチネチ引きずるんだろう、気持ち悪いなあ私。
と思っていたのだけど。

 


10代だ。

10代の呪いだ。

 


どっちも10代に好きになった。

というか、20代になってから、好きになったものがあまりない。ものも、人も。

数年経つのに、頭の中はぜんぜんアップデートされない。
10代の幻影を当時すきになったものに映して、追いかけて、はや数年経ったことにぞっとする。

 

いつまで私はこうなんだろう。っていう焦燥と、もうあれぐらい熱い情熱を注げるものが、今後出てこないんじゃないか、っていう諦念。

燃えるような恋、もきっと、10代のそれには適わないんじゃないかと思う。わからないけど。
無敵で、目の前しか見なくてよくて、羞恥心も「若いから」という最強の武装で固めてなかったことにできた、あの頃。
ずっと一緒に居よう、を何の不安も疑いもなく、口にしていたあの頃。


もちろん「ずっと」なんてないかもしれないってことだって知っていた。
それでも、希望の割合が違う。今とは。希望の方がぜんぜん多かった。将来も、なんとなくに任せて上手く行くって思ってた。
今に不自由はしていない。ただ、希望が減った。現実が増えた。べつに、夢がやぶれたわけじゃない。そんなもの持ってもいなかった。
これはただの頑張らない人の言い訳だ。わかっている。

 

大人になるにつれて自分から自然となくなった、漠然としたきらきらふわふわした楽観みたいなものを、アイドルを追うっていう中身がない行為で補っているのかもしれない。

まだ若くいられるんじゃないか。まだバカみたいにきゃーきゃー言ってていいんじゃないか。
そう思えるから好きなのかもしれない。
それか単純に、疑似恋愛。アイドルはいつだって笑顔をくれる。ありがとうって言ってくれる。
私の好意は、絶対に拒否されない。絶対的な安心感。相手の気持ちなんて考えなくていい。楽だ。楽すぎる。

 

その楽なぬるま湯にずっと浸かっているのだから、ちょっとやそっとのことじゃ抜けだせない。もう来るところまで来てしまっている。

 

終わりだな。

 

てもいまが楽しければいいとも思う。

 

複雑。

いつ夢から醒めるか

 

自分で稼いだお金をせっせとつぎこんで全力でアイドルをおっかけるっていうのは、たぶん、期間限定でできることだと思う。
というか、私は期間限定でいたい。

 

追っかけとか鑑賞は、楽しい思い出は残るけど、それ以外、ぶっちゃけ何も残らないよなあと、最近よく考えてしまう。
何かを残すために好きでいるわけじゃないんだけど、うまく言えないけど、
のめりこめばのめりこむほど、この楽しさとか幸せは永遠じゃないって虚しさが増大されていく気分。
大きな声では言えないけど、気づいたら35歳とかになってて周りを見渡したら何もなかった、
っていう悪夢からは逃れたい。切実に。

 

オタクのなかには結婚願望ない人もいるけど、私は普通にどっかで見切りつけて結婚したいし子供も育てたい。
だけどこの願望もまた、オタクであることをやめられない自分に対する見栄というか、
なりたくてもなれなかった「リア充」への憧れの残滓なのかもしれない。
オタクで生きていくんだー!!って言い切れない弱さとズルさみたいな。
何言ってんだろう。よくわからない。

とにかく、今は若いときにだけ許される夢をみているようなものだ、と思っている。それもギリギリ。
もういつ醒めてしまうかわからないし、起きろよって肩をたたかれている、そんな気分に苛まれている。


これは自分の問題だ。次から次へと、いつまでも醒めないでいることもできるだろうし、どこかで見切りをつけて、オタクをやめ、現実世界に上がる選択をすることもできる。

 

何も全部切ろうとは思っていない。すきなものを絶つ理由なんてない。
でも、今みたいにお金も時間も全部を費やす応援の仕方は、期限付きだなあと感じる。

 

で、その見切りをどこでつけるか。
あまりにも短絡的だけど、いまはうっすらと、あの人が兵役にいった時かな、と思っている。
韓国の男性アイドルはみんな30歳ぐらいになるまでに2年間、兵役にいく。
いろいろあるけど、その間はほとんど芸能活動はできない。

 

あの人のグループはとてもじゃないけど、兵役後も存続できると自信をもって言えないから、実質、会えるタイムリミットはもうそこまできているんだろうし、兵役にいって帰ってきたらもう、私もあの人もいい年になっている。

ほんとうに。

 

芸能活動をつづけるのか、一般人にもどるのか、どう考えてるかはわからないけど、最近俳優の養成学校みたいなところに通っているみたいだから、一応芸能活動はやっていきたいと思ってるのかもしれない。


万が一、億が一、俳優になれたら、ドラマとかでは見れるね。そうなったらすてきだな。

 

もちろんグループが存続してくれるのがいちばんうれしい、けど、たぶんない。
だから兵役までは夢見てていいかな、その時が来たら醒めて、私もオタクから一般人にもどって、生活しようと、覚悟してる。


理想的なプランは、兵役に行ってる間の2年間で結婚して、もどってきてまたもし芸能活動して、会うことが出来たら、「結婚したよ!」って言いたい。


向こうからしたらそんなの知らねーよって感じだろうけど。いいの。

ぜんぶ自己満足だ。

 

まとめると、

 

「兵役行くまでは大手を振ってオタクやってもいいよね?!」

 

という、まったく意味のない言い訳をしながらオタクをやっています、という内容でした。
あー怖い怖い。


外にでると金木犀の匂いがした。
金木犀にこれといった思い出もないのに、ちょっと切なくなるのは何なんだろう。
今年の夏も終わりだ。

今年の夏もたくさんお金を使った。

 

夏の備忘録はまたまとめようと思う。

 

 

大学の図書館

大学は居場所があるようなないような感じでそんなに好きじゃなかったけど、大学の図書館は好きだった。
居場所がなかったから好きだったのかな。
常日頃仲間と一緒にいる人も、いない人も。
静かな図書館では一人でいる人が圧倒的に多い。

 

勉強してる人、本を読む人、PCでレポートをうつ人、それぞれだけど、みんなひっそりとした空気を壊さない、心地いい一人の空間。そんな感じだった。
みんなも、唯一息が抜けるところだったのかもしれない。

 

 

一階の自習スペースは、午後は日が射して眩しく、眩しい時間になると司書さんがブラインドを下ろす。
その音で、ああもう3時か、と気づく。

 

外の葉っぱの影がノートにうつり、ドイツ語の文字が滲んで、かさなる。
一向に予習は進まない。諦めてツイッターのタイムラインをひっぱる。みんな暇そうだ。

 

 

あと地下の書庫も好きだった。

階段で地下に降りると空気がひんやりし始めて、喧騒も遠のいていく。

金属製の無機質な移動式本棚には天井まで本が詰まっている。降りて右に進んだ辺り、芸術学や美術史学の書庫を何往復もしながら本を選ぶ。

 

レポート用の文献、卒論用の建築様式の本、などなど。背表紙を見ては手に取り中身をパラパラめくって、読みきる自信がないな、と本棚に戻す本も多かった。甘ったれだ。

片っぱしから読めばよかったんだ。今となっては国会図書館に行かなきゃ読めない本だってたくさんあったかもしれない。

 

ああ、学べる環境に身を置きながら積極的に学ばなかったことを悔やむなんて、ばかのやることだし、紛れもなくわたしはばかだ。

 

でもいつだって、恵まれた環境にいるときにはそれに気づかない。

いつもそうだ。いつも懐古厨。 

 

まどろむような膨大な時間を埋めるように図書館にいたけれど、思い返すとどこを切っても愛おしい空間だった。

有名私大の図書館で勉強している私、というくだらないプライドも手伝ったかもしれない。

 

もどりたいなぁ。もどれないなぁ。

過ぎ行くものはどうしてこんなに美化されるんだろう。